白井健三の親はどんな人?新技「シライ」でTV出演!血液型は?

Sponsord Link

白井健三の親はどんな人?新技「シライ」でTV出演!血液型は?


世界体操で史上最年少金メダルを獲得した
白井健三選手は17歳の高校2年生です。


白井健三


オリンピックへの期待も寄せられている
白井健三選手を紹介しますね。

Sponsored Link


白井健三の親はどんな人?



高校生ながら今や世界に羽ばたいている
白井健三選手のご両親はどんな方なのでしょうか?


まずは白井健三選手を簡単に紹介しますね。


■白井健三(しらい けんぞう)■

生年月日:1996年8月24日(17歳)

出身地:神奈川県横浜市

身長:161cm   体重:51kg

血液型:O型

神奈川県立岸根高等学校在学中


お父さんの白井勝晃さんは日本体育大学OBの
元体操選手で体操界に貢献されている方のようです。

・全日本ジュニア体操クラブ連盟 理事
・横浜市体操協会 副理事長
・横浜カップジュニア体操協議会 理事長
・日本体操協会ロンドンオリンピック強化委員会
 女子体操競技ジュニア強化委託部員


お母さんも日本体育大学の元体操選手だったそうです。

そんな両親が設立した鶴見ジュニア体操クラブで
幼い頃から遊んでいた白井健三選手は
自然に“ひねり”の基礎を身に付けてしまったようですね。

両親が帰るころには遊び付かれてトランポリンの上で
眠ってしまっていたそうです。

両親は元体操選手、兄・勝太郎さんはコナミ所属、
次男・晃次郎さんは日体大の体操選手と
体操一家の3人兄弟の末っ子の白井健三選手。

お父さんは、「我々が教えられるところの部分をはるかに越えている。
異次元のところに彼は行っている。すごいなあと、勉強させられる。」
と語っていました。

そしてまだまだ伸びるとも言われてました。

自分の息子が、自分の手の届かない
もう自分が指導出来る範囲ではないところに
行ってしまっている心境というのは
どういうものなのでしょうかね?




白井健三が新技「シライ」でTV出演!



10月6日の世界選手権で日本史上最年少で金メダルに輝いた
床運動の新技「後方伸身宙返り4回ひねり」を決めて「シライ」と
と名前が付きました。


白井健三が新技「シライ」でTV出演!



そして世界選手権の床運動で披露した「前方伸身宙返り3回ひねり」
は主要国際大会で初めて成功したと認定され「シライ2」と
命名されたそうです。

白井健三選手は床運動だけではなく跳馬で決めた新技
「伸身ユルチェンコ3回ひねり」に「シライ/キムヒフン」と
命名されています。


白井健三が新技「シライ」でTV出演!



韓国の金熙勲選手と白井健三選手が決めた新技なので
「シライ/キムヒフン」と命名されたようです。

3つもの技に自分の名前が付いているって凄すぎます。

小さな体ですがほんとに大物ですよね。


そんな白井健三選手をテレビ業界がほっておくわけがありません。

毎日のようにワイドショーやニュース番組に出演されてましたね。

学校にも取材陣が行き、大変な騒ぎでしたよね。

大きく取り上げすぎて大丈夫かな?と心配もしました。

しかしワイドショーなどに出演している
白井健三選手は気取ることもなくとても楽しそうに
見えました。

普通の高校生で安心しました。

これからまだまだ期待のできる
白井健三選手ですね。



Sponsord Link

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2013年11月30日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:スポーツ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

関連記事

    None Found

テキストエリア

最新のネタと、気になるニュースをお届けします。

このページの先頭へ